たびろぐbyシンガーソングパドラー

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮本常一先生と水上勉先生に惹かれるのは?

<<   作成日時 : 2017/02/08 09:28  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 どうして両先生に惹かれるのかをふと考えてみました。昨夜一人芝居「土佐源氏」を観た後、主演(と言ってももともと一人)の坂本氏がおっしゃっていたのですが、「世間一般からは見向きもされず、どちらかというと蔑まされた人々にも人生があり、精一杯生きてきたということを宮本先生は『忘れられた日本人』の中で言いたかったのではないか」と・・・。特に、馬喰爺(土佐源氏)が「わしゃ人を騙してばかり来たが、女子は騙したことがない。だからこんな男でも女子は付き合うてくれたんじゃな。」というようなことを言うんですが、ひとつの信念みたいなのを感じました。
 表題に戻りますが、水上先生の作品にも、世の中の表には出ない人々がみんな精一杯生きてきた姿が描かれています。越前竹人形の喜助、はなれ瞽女おりんのおりん、五番町夕霧楼の夕子・・・・・・、その他たくさんの登場人物もみな「忘れられた日本人」なのかもしれません。夕べは、布団につきながら「そこに惹かれるのか」としみじみ思いました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮本常一先生と水上勉先生に惹かれるのは? たびろぐbyシンガーソングパドラー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる